頑張って製品開発系の資格を取りたいと思います!

なかなか次の仕事が見つからない派遣契約社員が挑む、やっぱり資格があったほうがいいよね!

次は、基本情報技術者試験に挑戦!?

次に狙う資格は・・・

とりあえず何でもいいからすぐにでも取れる資格が欲しかったので、
随時試験を行っているMOSを受験した訳ですが、
最終的には、CAD利用技術者試験とQC検定の3級か2級をを取ろうと
思いながらも、試験の実施時期がまだまだ先(12月と来年3月)のため、
10月に実施される基本情報技術者試験でも受けてみようかと思っています。

ちなみに、ここを見てみると、基本情報技術者試験
「ITエンジニアの登竜門」だそうです。

しかし、合格率25.8%というのは、まぁまぁ難しいようですね・・・。

 

参考書をどうするか・・・

基本情報技術者試験は、テキストがたくさんあって書店で迷って
しまいます。

ネットで検索してみると、この3冊が人気・実績ともに高いようです。


キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成28年度

キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成28年度


(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度(2016年度)

(PDF・スマホ単語帳付)かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度(2016年度)

 

プログラミングも勉強しなきゃ・・・

C言語javaなどによるプログラミングの問題もあるらしいのですが、
選択によって表計算でもいいらしいです。

Excelならお手の物です。

・・・とは言うものの、やはりC言語javaなどを選択して
合格するほうが、評価が高い
ようです。

 

 

 

 

 

MOS Excel2013 Expert 合格

MOS Excel2013 Expert 合格

MOS Excel2013 Expert 試験を受験しました。
結果は一発合格ですが、なんとPart1、Part2ともに満点合格でした。

Word の時もそうでしたが、とにかくこのテキストを熟読し、
模擬テストを何度も繰り返しやっておくことで、
合格できるだけのスキルが身につくようです。


 

Office Master Specialist

これで、Word2013の『MOS Expert』および
Excel2013の『MOS Expert』を取得できたわけですが、
同時に『Office Master Specialist』という称号も獲得できるそうです。

詳しくは、こちらの説明にある通りです。

ここにあるエキスパートコースに相当するようです。

 

Excelの便利な操作

Excelはそれなりに使いこなしていたつもりなのですが、
いままで知らなかった便利な操作方法がいくつかありました。

Shift+Ctrl+矢印キー

複数のセルを選択するときに、今までShiftキーやCtrlキーを押しながら
セルをクリック
して一度に選択していましたが、
これだと場合によっては、先に画面をスクロールしておく必要
ありました。

しかし、ShiftキーとCtrlキーを押しながら矢印キーを操作すると、
文字や数値が入力されているセルの端まで一気に選択
できます。

これは限られた時間内で操作しなければならない試験ではすごく役に
立ちました。

F4キーで相対参照と絶対参照の切り替え

これは有名な操作らしいのですが、絶対参照にする$マークの入力を
F4キーを押すことで入力・削除でき、相対参照と絶対参照を
簡単に切り替えることができます。

 

・・・などなど、まだまだ知らなかったことも多く、あらためてWordやExcelを勉強した甲斐がありました。

 

 

 

 

 

MOS Word2013 Expert 合格

なんだかんだで、Word2013のMOS Expert Part1/Part2を
一発合格できました。

テキストを一通り読んで、課題を何度も繰り返し反復練習し、
最後にひたすら何度も何度も模擬試験を繰り返して、
しっかり準備した甲斐がありました。

試験を終えて実感したのは、このテキストをしっかりやっておけば
とりあえず合格出来るだけのスキルが身に付くということです。


 

次はExcel2013のMOS Expert Part1/Part2にチャレンジです。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

QC検定3級はやめて計画練り直し

QC検定3級は先延ばしに

不覚にも試験申し込み期限が過ぎてしまっていたため、
とりあえずQC検定は先延ばしにしました。

半年も先延ばしにして同じ3級というのはどうかなと思い、
いきなり2級を狙う予定です。

 

MOS Word 2013 Expert と MOS Excel 2013 Expert

・・・ということでQC検定はとりあえず置いといて、
先に「MOS Expert」を先に取ることにします。

MOS Expert」は、『Part1』と『Part2』に分かれていて、
WordもExcelも2回受験しないといけないようです。

ココのページを見てみると、\40,000!!もかかるようですね。

例によって、本屋さんでテキスト・問題集を購入。
4冊も必要なので、結構お金がかかります・・・。




 

 

 

 

 

QC検定3級について1つわかったこと

QC検定3級の勉強を始めたわけですが、今日、1つわかったことが
あります。

会社で資格を取ると報奨金がもらえるのですが、3級は0円、つまり報奨金が
出ないようです。

つまりは、3級は大したことないってことで。

・・・ということで、いきなり2級にチャレンジするかどうするか、
困りました。

難易度はわからないものの、「2級」と聞くと、さすがに少し自信が・・・

 

 

路線変更して、得意の3D-CADで「3次元CAD利用技術者試験」を狙う方が
いいかも。

こっちだったら1級でも自信があるし、報奨金も出るし・・・

 

 

 

 

 

QC検定って、なんじゃろかいな?

ひとまず、QC検定なるものを調べてみる

日本規格協会のHPを見てみる

これまでCAD関係の仕事をしてきたので製造業や開発・設計とは無縁で
ないものの、QC検定なんて初耳でした。

そこで、日本規格協会のHPを見てみました。

3級は

「QC七つ道具などの個別の手法を理解している方々、
小集団活動などでメンバーとして活動をしている方々、
大学生、高専生、工業高校生など」

とのことらしいです。

・・・なんか、学生でも取れるレベルということなんでしょうか?

 

QC検定を取り扱ったブログ記事を探してみる

つぎにGoogleでQC検定を扱ったブログ記事を探してみました。

しかし、QC検定3級を扱った記事は無く、ほとんどが2級のネタ
でした。

しかも、みんな簡単に合格したような記事なので、ホントに難易度が
わかりません。

Yahoo!知恵袋に3級の難易度を聞く質問が多い理由がわかりました。

 

とりあえず本を買ってみる

今回買ってみた本

ネットで検索するだけでは勉強できないので、本屋さんでテキスト・問題集を探してみました。

いろいろと見た結果、とりあえず今回はこの本に決定。

1回で合格!QC検定3級テキスト&問題集

1回で合格!QC検定3級テキスト&問題集

しばらくは、この本にお世話になります。

 

読み始めてみたところ・・・

買った本は、テキスト編とチェック問題編の2構成になっているのですが、
あくまでも『チェック問題』だからなのか、問題が簡単でかなりの正解率
です。

ちょっと不安なので、別途、過去問題集も買った方がいいかもと思って
います。

 

 

 

 

 

QC検定3級を取ろうかと思います。

QC検定3級と3次元CAD利用技術者試験1級

仕事が見つからない派遣社員の毎日は、本当に辛いですね。

しかし、何かと知識を蓄えるチャンスでもあり、これ幸いにと興味の
あることばかり好き勝手している毎日です。

やたらと「QC検定3級を取れ」と言われるのですが、これがどれくらいの
価値なのか今ひとつわかっていません。

1回で合格!QC検定3級テキスト&問題集

1回で合格!QC検定3級テキスト&問題集

自分的には「3次元CAD利用技術者試験1級」の方が価値がありそうで、
なおかつ操作を熟知したCADがあるため、取りやすいと思っているの
ですが・・・。

平成28年度版 CAD利用技術者試験 3次元公式ガイドブック

平成28年度版 CAD利用技術者試験 3次元公式ガイドブック

 

ひとまず、QC検定3級の取得を目指して勉強を始めることにしました。